アパート経営関連情報

HOMEアパート経営をする際の注意点

最終更新日:2017/11/20

アパート経営をする際の注意点

二棟のアパート

アパート経営で不動産オーナーとしてやっていけるようになれば、極端な例ですが何もしていなくても勝手にお金が入ってくるという、夢のような環境を手に入れることができます。
しかし、実際のところは人に自慢できるようになるまでにはかなりの努力を必要とするものです。
アパート経営は知識のあるなしで成功率が変わってくるのが特徴です。
これは自分でも専門用語や運営方法について具体的に学んでいくことも大切にはなってくるのですが、もっと手っ取り早いのは不動産投資に強い会社を選ぶことです。
アパートは一度購入すると「やっぱりやめた」とはなりにくいですから、物件選びはもちろん、会社選びも慎重にしたいところです。
アパート経営で収益を出すなら、まずは良い物件を確保することです。
やはり良いアパートにはそれなりのお金を出す必要があります。
資金に余裕がある人ならそのまま購入すればいいですが、それほど持ち合わせがないという人は、銀行から融資を受けなければいけません。
ただ、銀行としても赤字経営になることが目に見えているような物件にお金を出すほど優しくはありませんので、融資を受けたい時に銀行に提出する書類が重要になってきます。こういう時でも不動産投資会社は相談に乗ってくれます。
質の良い会社になれば、いまの予算に合った融資を受けられる金融機関というものを教えてくれることがあります。
それを活用すれば、アパート経営の不動産の経費がかかりすぎて、結局諦めてしまったということも少なくなるでしょう。
アパート経営では、オーナー自身が掃除から入居者との契約まで行うこともできるのですが、オーナー専業でやるならばともかく、起動に乗るまではサイドビジネスとして様子見という方もいるはずです。
そういう状況で何でも自分で行おうとすると、とてもではないですが、経営などできません。
入居者のなかにはクレームを持ち込んでくる人もいますから、そういったことも含めて対応していたら、とても身が持たないのです。
しかし、不動産の管理会社ならこういった面倒事をプロに委託してしまうことができます。
ただ、この管理にかかる手数料というものは徴収されるので気をつけてください。
また、どこまでの管理をしてもらうかによって、アパート経営の収益から何パーセントを支払うのか変わってきます。
そのため、パーセンテージが高くても面倒なことをしたくない人は不動産会社任せに、収入を増やしたい人は、自分で行える事を最大限に活かしていくといいでしょう。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP