リサイクルトナーを購入する際の注意点

リサイクルトナーを購入する場合には、いくつかの注意点を抑えておかなければなりません。安いという最大の利点がありますが、欠点もあるので安さにつられて使用をすると後で予期せぬトラブルに巻き込まれてしまうということもあるだけに注意が必要です。リサイクルトナーを使う上において最初に抑えておきたいことは、製品に不良があったときの保証となります。非常に繊細なものであるためどうしても一定数の不良品がでてしまうことになるので、その際の保証がどうなっているのかを確認しなければなりません。次に印刷品質が純正品と比べると劣るものとなっていますから、それを許容することができるのかということも、リサイクルトナーを使用する上での大事な注意点となってくるのでおぼえておきましょう。

品質面での問題がある可能性を考慮する

トナーというのは非常にデリケートであるため、再生品というのは不良品がでやすいものとなっています。そのようなものを買ってしまった時にしっかりと補償をしてもらうことができるかどうかというのは、リサイクルトナーを使う上で重要なところとなりますので覚えておく必要があります。保証がなければ不良品を掴まされてしまった時にまるまる無駄になってしまいますから、結局は安物買いの銭失いとなってしまうのでどのような保証があるのかの確認は重要となります。更にトナーが原因で機器が壊れてしまったといったことがあった場合に、責任は使用者にあるのかトナーメーカーにあるのかを確認しておかなければ大きな損失になってしまうこともあるのでトナーが原因による故障などのケースも考慮しておく必要があります。

印刷品質が見劣りすることも考慮に

製品自体に問題がなくてもリサイクルトナーは、その性質上純正品よりも印刷品質が劣ってしまうものとなります。印刷品質をそれほど求められない書類やグラフと言ったものの印刷が中心であれば全く問題のないレベルとなりますが、高精細の写真やポスターを印刷したいというときには品質面で不満を持ってしまう可能性もあるだけに注意をしておきましょう。品質を求めるのであれば純正品を選ぶのが一番確実であるため、リサイクルトナーを選択するのであればそれほど印刷品質を求められないものを印刷する用途に使うのが最適です。著しく印刷品質が劣るということはありませんが、品質を求めるには純正品と比較をすると不向きなものとなっているので用途に合わせて使用の有無を決めることが大切なことになります。