リサイクルトナーと正規品の違いについて

リサイクルトナーは圧倒的に安い価格で販売されていますから、使ってみようと思う人も増えています。正規品(純正品)に対して販売価格が10分の1以下のものもあり大いに購買意欲をそそります。では、どうしてそんなに安いのかというと、リサイクルトナーは純正品の部材を再利用しているからです。そのため研究費や開発予算が不要で複数のメーカーが製造することで、競争原理が働き価格に反映されています。一方で純正品は、メーカーがプリンター本体を格安で販売してトナーやドラムなどの消耗品の価格を高く設定しています。本体に利益を乗せられない分消耗品に転嫁することで元をとるというやり方をしています。残念ながら一部のリサイクルトナーや海外製品のものには、まだまだ低品質のものがあります。

リサイクルトナーのデメリットを知る

リサイクルトナーの持つデメリットとしては、初期不良が2,3パーセントの割合で発生してしまうことです。どうしても使用済みのカートリッジを再生しているので、完璧にはいかないのです。もしそこまでクリアしてしまうと、製造コストがかかってしまうので逆に価格が高騰して、「価格がやすい」というメリットがなくなってしまいます。また、印刷したときの文字の色合いですが、こちらは純正品とほぼ同程度と考えてもいいでしょう。ただし、トナーの成分や部材などすべてが同じというわけではないので、カラーの発色が微妙に違うということもあり得ます。黒色に関してはほぼ同質で、社内用のオフィス文書や資料作成等なら問題ありません。しかし、他のカラーとなるとリサイクルではなく純正品の使用の方が安心です。例えばデザインや広告など同じ色の再現性が必要な場合です。いずれにせよ不具合に備えて予備のトナーを用意するといった対策も必要でしょう。

デメリットをカバーするために覚えておきたい事

不具合の発生率からみるとトナーよりもドラムの方が高くなっています。それはドラムの方が構造的に複雑になっているためです。純正品における不具合率は0.5から2パーセントですが、リサイクルトナーは1.5から3パーセント程の割合となっています。良質なリサイクルトナーを見つけるために、各種品質認定基準を満たした保障のある販売店で購入することをお勧めします。IS09001やE&Q、STMなどの基準をクリアしていて、純正品よりも充実した保証がついている場合があります。このリサイクルトナーの保障を設けている販売店では①品質永久保証②プリンタ保証③返金保証があるところもあります。それに加えて使用後のカートリッジを無料回収するシステムを採用している販売店もあります。価格においてコストパフォーマンスが高く、メーカー保証がより充実した内容になっているのはリサイクルトナーの方で、色の発色を優先するなら正規品です。